奇跡の育毛剤!?ビタブリッドC

東国原英夫さんが愛用している事でも知られている育毛剤「ビタブリッドC(vitabridc)」。
これは韓国製の育毛剤で、「奇跡の育毛剤」なんて呼ばれ方もしているほど、薄毛に悩む男性の救世主的存在となっています。

開発したのは、最先端ハイテク企業「HYUNDAI IBT」。
韓国で2013年に発売され、わずか半年ほどで95万本といった大ヒット商品に。
その実力の高さから、日本でも週刊現代やOcEANS、FLASH、SPA!など…
さまざまな雑誌で紹介され、薄毛に悩む日本男性にも注目。

「毛が生えた!」といった驚きの声がネットでも聞かれるようになり、ハゲている事でも有名な東国原英夫さんが実際に使い始め、そのビフォー&アフター写真をツイッターで公開した事でも有名となりました。

ビタブリッドCの最大のポイントは、ビタミンCを肌に直接浸透させることができる事
ビタミンCには、毛細血管を活性化し、毛母細胞の分裂を促すといった発毛・育毛に関係する働きがあります

これまで、ビタミンCを商品化するのは難しかったのですが、研究からようやく製品化することに成功したのです。
では、これまでの育毛剤と比べて、具体的には何が違うのでしょうか?

市販されている育毛剤は、薄毛の原因は男性ホルモンから生成された、ジヒドロテストステロンというホルモン物質にアプローチする商品開発をおこなっています。
ただ、ずば抜けて高い効果を持つものはないのが現状。

ビタブリッドCでは、頭皮にある脂が活性酵素によって過酸化すると固まって毛穴をふさいでしまい、 毛母細胞が呼吸をすることができなくなり死滅。 これが薄毛の原因として、毛母細胞を守る物質を探したところ「ビタミンC」がヒット!
ビタミンCの破損を予防する亜鉛と結合させてハイブリッドビタミンCを開発し、皮膚に塗ってもビタミンCが空気と酸化することなく効果的に浸透させることに成功させたのです。

この革新的なバイオ融合技術は学術雑誌「Nature」にも掲載され、米国化学会誌では世界有望8大技術にも選ばれました。
育毛に効果的なだけでなく、副作用もないところも大きなメリットで、ある程度生えてきたから使用をやめても、頭皮環境を健康的に保つことで維持できるとまで言われています。
副作用の心配がない、安心して使える育毛剤なのです。

ビタブリッドCは、公式サイトで購入することが可能。
ビタミンCのパウダーボトルと専用リキッド、スプーンとついており、パウダーをリキッドもしくは水で溶かし、それを1日2回に分けて塗布します。
価格は6,900円からとなっています。

ちなみに、ビタブリッドCには頭皮用以外にもフェイス用やお肌のケア用とあります。
成分に違いはなく、基本的には肌が繋がっていることでも共通しているのです。

現在薄毛治療の主流と言われている病院でのAGA治療に比べて費用も安いので、まずはビタブリッドCを試してからという選択肢もアリだと思います。AGAの費用についてはこちら